トップへ戻る つくばヘルスケア歯科クリニック・イメージ
Englishサイトマップ
つくば市手代木にございます「つくばヘルスケア歯科クリニック」です。
名前の通り予防歯科に力をいれ一生自分の歯で噛む事を大切にしています。
補綴治療について 一般歯科診療 一般歯科診療イメージ
一般歯科診療 治療の流れ 補綴治療 治療後のケア 費用と時間
補綴治療とは、治療のために被せたり、抜いた歯の後の治療方法のこと。当医院では世界レベルで治療しています。義歯、広範な噛み合わせの回復、最新のインプラント治療まで、最善の対応を施します。
診療案内
つくばヘルスケア歯科クリニック診療案内
北浦歯科診療案内
コンセプト
ごあいさつ・院長略歴
院内の設備
滅菌処理について
スタッフ紹介
求人情報
学校歯科保健の取組み
予防歯科診療
予防歯科とは
予防歯科の流れ
だ液検査について
PCR検査について
予防歯科の費用と時間
一般歯科診療
一般歯科診療について
治療の流れ
治療後のケア
一般歯科、費用と時間
特種歯科診療
オプション治療
レーザー無痛治療
インプラント治療
矯正歯科治療
特殊歯科、費用と時間
ニュース・情報
ニュース・セミナー
リンク集
患者満足度調査
よくある質問
E-mail
サイト情報
アーカイブ
サイトマップ
English
個人情報保護方針
免責事項
院長コラム
当クリニック院長
千ヶ崎 乙文の
コラムです
>>こちら
ISO・認証資格
つくばヘルスケア歯科クリニックはISO9001:2008を取得した実績を活かし 歯科医療の質を高め継続的に向上させる努力をしております
>>こちら
モバイル
スマートフォンサイト
つくばヘルスケア
歯科クリニック
スマートフォンサイト
こちら>>
2次元バーコード対応携帯電話で左のコードを読み込むか、ここをクリックしてメールでURLを送信してください
1 補綴治療(ほてつちりょう)
(被せる治療)
 大きな虫歯の結果 、神経を取る治療を受けると、歯の形をもとに戻す必要が出てきます。このとき、被せる治療が行われます。大抵は、失われた歯を一度もとに再建するために、神経の管に芯棒を立て、土台を構築します。被せ物はその土台の上に被せます。このような被せ物は差し歯と呼ばれます。また、抜いてしまった歯を補うために、両脇の歯を削ってブリッジを入れる治療もあります。このときは、脇の歯は健康であっても、一層削って被せることになります。
術前 術後 術後の状態

■術前■
(被せ物の縁があってない)

■術後■
(被せ物の縁が合っている)

■術後の状態■
保険対応の被せ物
保険で指定された金パラジウム合金(主成分は50%近くは銀)を使います。目で見ながらの作業で、縁の合わせ方は、良くて100ミクロン(10分の1ミリ)です。セメントして付けると、150ミクロンくらい縁が合っていません。この程度の精度では、短期間では問題ありませんが、虫歯にかかりやすい人では、縁からセメントが溶けて、2次的な虫歯が発生することが多く起こります。レントゲンで、縁が歯と合っていない被せ物では、このレベルの何倍も不適合であることは珍しくありません。被せものの縁に爪が引っかかるレベルでは、歯の寿命に影響がある場合も出てきます。当クリニックでは、自費において、さらにレベルの高い治療ができており、保険の対応においても、十分な配慮が行われています。当クリニックの被せ物は保険であっても、爪が引っかかる、レントゲンでズレがあるということはありません。

自費対応の被せ物
通常は、金の含有量の多い白金加金を用います。この金属は、良好な物性を持ち、型どりした歯に上手く合わせることができます。保険対応の治療が、目で見た範囲での技工である一方で、自費対応の治療では、技工士が20倍の実態顕微鏡で作業し、型どりした模型上で、縁の合わせ方が20ミクロン(50分の1ミリ)を目標にします。この精度で被せ物を製作すると、セメントで付けたあと、50ミクロン程度の適合度になります。このレベルの精度があれば、縁からバイ菌が侵入しにくくなることがわかっています。
治療前
▲治療前
(被せ物の縁が合っていない)
▼治療後
(被せ物の縁が合っている)
治療後
術前の状態 術後の状態 術後の状態
■術前の状態
多くの治療跡があり、上顎は大半の歯が失われている。 
  ■術後の状態
インプラント、メタルボンド、アタッチメント義歯を
含む包括的治療の例です。
2 補綴治療(ほてつちりょう)
(入れ歯治療)
部分入れ歯 歯が広範囲に失われ、しかもブリッジで治療しない場合や、ブリッジでの治療が困難な場合には、取り外し式の入れ歯を作ることになります。
総入れ歯では、土手の粘膜に吸着するように作りますが、部分入れ歯では、残った歯に鈎(かぎ)をかけて支えます。
保険対応の入れ歯
原則としてプラスティックが材料。金属線で補強することもあります。歯にかける鈎はプラスティックに直接埋め込み成形します。
強度がないため耐久性がなく、変形したり壊れやすいので、定期的に作り直す必要があります。
保険治療では6ヶ月経てば再製作が認められています。
保険の入れ歯
■保健対応の術前の入歯(他院で製作)
自費対応の入れ歯
金属プレートを使用したり、部分入れ歯でもプレートと鈎を一体で作ります。
金属は、主としてコバルトクロム合金、チタン合金、白金加金などが用いられます。保険対応に比べ、強度、耐久性が高く、また、たわみにくいので咬んだときの痛みも少なくなります。
欠点としては、土手が変化した場合にフィットしなくなり、修正するにはプラスティックで床を敷き直すか、再製作しなければなりません。
自費の入れ歯
■自費対応の術後の入歯(当医院で製作)
自然な表情

自費対応の入れ歯を製作すると、噛み易さはもちろん、
自然な印象の口元になります。
保健対応の入れ歯に不満をお持ちの方は、ご相談ください。 
3 補綴治療(ほてつちりょう)
(インプラント)
インプラントのレントゲン  取り外し式の入れ歯では、満足できない場合、現在は、顎の骨に直接チタン製の金属を埋め込んで、その上に歯を作るインプラント治療が行われています。
詳しくは、オプション治療をご覧下さい。
トップページ予防歯科一般歯科特種歯科診療案内ISO・認証資格ニュース・情報サイトマップアーカイブEnglish個人情報保護方針免責事項
つくばヘルスケア歯科クリニック
〒305-0834 つくば市手代木1925-4 >>詳しい地図(Google Map) TEL:029-860-8100
千ヶ崎歯科医院(北浦医院)
〒311-1715 茨城県行方郡北浦町小幡612-1>>詳しい地図(Google Map) TEL:0291-35-1727
個人情報保護方針 免責事項 Copyright (C) 2011 Tsukuba Healthcare Dental Clinic All Rights Reserved. ページトップ