トップへ戻る つくばヘルスケア歯科クリニック・イメージ
Englishサイトマップ
つくば市手代木にございます「つくばヘルスケア歯科クリニック」です。
名前の通り予防歯科に力をいれ一生自分の歯で噛む事を大切にしています。
ニュース・セミナー ニュース・読み物 ニュース・読み物、イメージ
ニュース・セミナー リンク集 患者満足度調査 よくある質問 お問合せ
つくばヘルスケア歯科クリニックからの最新情報です。
バックナンバーもあります。
診療案内
つくばヘルスケア歯科クリニック診療案内
北浦歯科診療案内
コンセプト
ごあいさつ・院長略歴
院内の設備
滅菌処理について
スタッフ紹介
求人情報
学校歯科保健の取組み
予防歯科診療
予防歯科とは
予防歯科の流れ
だ液検査について
PCR検査について
予防歯科の費用と時間
一般歯科診療
一般歯科診療について
治療の流れ
補綴治療について
治療後のケア
一般歯科、費用と時間
特種歯科診療
オプション治療
レーザー無痛治療
インプラント治療
矯正歯科治療
特殊歯科、費用と時間
ニュース・読み物
ニュース・セミナー
リンク集
患者満足度調査
よくある質問
お問合せ
サイト情報
アーカイブ
サイトマップ
English
個人情報保護方針
免責事項
院長コラム
当クリニック院長
千ヶ崎 乙文の
コラムです
>>こちら
ISO・認証資格
つくばヘルスケア歯科クリニックはISO9001:2008を取得した実績を活かし 歯科医療の質を高め継続的に向上させる努力をしております
>>こちら
モバイル
スマートフォンサイト
つくばヘルスケア
歯科クリニック
スマートフォンサイト
こちら>>
2次元バーコード対応携帯電話で左のコードを読み込むか、ここをクリックしてメールでURLを送信してください
ニュース・最新版 セミナー
■最新のニュース■2013年■2012年■2011年■2010年■2009年■2008年■2007年■2004年〜2006年
診療カレンダー 休診日・診療時間変更などのお知らせ
オレンジバック:休診・診療時間変更
・水曜日、日、祝日は休診です
・祝日のある週の水曜日は診療します
・第四日曜日は、矯正診療のみです
 急患はお受けできません
■ページのトップへ■
ニュース
【求人情報】
 スタッフ強化のため歯科衛生士募集中です
スタッフ強化のため歯科衛生士3名募集します。つくばで働きませんか?社保完備!勉強会・セミナーが充実◎予防歯科中心の歯科医院で成長しましょう

車通勤可 社会保険完備 セミナー参加費補助あり 賞与あり 交通費支給 未経験可

2003年開業の「つくばヘルスケア歯科クリニック」。自分にして欲しいこと、自分だったらそうすることを積極的に実践している医院です。予防歯科に力を入れている当院。衛生士としてやりがいのある業務ができる環境が整っており、クオリティの高い予防管理や歯周病治療に必要な技術が身につきます。また、海外から先生を招いた座学研修、毎週勉強会を通してスキルアップも可能!「ワンランク上の衛生士を目指したい」そんな熱意ある方にピッタリのお仕事です。しっかりと支給される賞与や社会保険完備など待遇面も充実しています。

>>求人情報
■ページのトップへ■
■2016年 11月24日
 院長コラム
 竹田晋也氏著 「歯を守れ! 予防歯科に命を懸けた男 日吉歯科診療所 熊谷 崇の挑戦」を読んでみました
 を掲載しました
竹田晋也氏著 「歯を守れ! 予防歯科に命を懸けた男 日吉歯科診療所 熊谷 崇の挑戦」竹田晋也氏著 「歯を守れ! 予防歯科に命を懸けた男 日吉歯科診療所 熊谷 崇の挑戦」(牧野出版)を読んでみました。

私が予防歯科を目指した時の事が思い出されました。

歯の修復治療中心に明け暮れ、少しでも精度の高い被せ物を入れようと努力していましたが、手入れが悪いと、元々虫歯や歯周病になりやすいから治療が必要になっているわけですから、当然のごとく壊れてより悲惨な口腔になります。治療だけでは救えない!その前に予防だと確信したのです。

続きを読む:院長コラム Vol.10:竹田晋也氏著
「歯を守れ! 予防歯科に命を懸けた男 日吉歯科診療所 熊谷 崇の挑戦」を
読んでみました>
■ページのトップへ■
■2016年 7月12日
 インプラント治療を強化しました
つくばヘルスケア歯科クリニック外観防歯科中心の歯科医院ですが、インプラントの治療は隣の歯を犠牲にしない治療なので、残った歯にとっては、極めて予防的な治療です。来院患者さんのインプラント治療のニーズにお応えするためにこの度、インプラント治療を中心に行うチームを編成しました

詳しく:つくばヘルスケア歯科クリニックのインプラント治療
■ページのトップへ■
■2016年 7月12日
 2016年 6月16・17日開催・第10回 中山セミナーのご報告
第14回 中山セミナー平成8年より受講を続けている中山先生の実践コースは、今回で14回目を迎えました。
ほとんどのDHは最初からご指導賜り、ここに来て、やっと先生の教えを実践できるレベルに到達したようです。シャープニングもできない、できないと自信がなかった時期からすると、格段に良くなり、それでもまだ不安を抱えているように見えますが、中山先生からはすっかりお褒めをいただき、各自がもう自信を持って器具を扱えると思ってよいレベルになったようです。

>>くわしく:第14回 中山セミナー(ニュースアーカイブ)
■ページのトップへ■
■2016年 7月12日
 【検証項目】成人のメンテナンス効果
 歯周病予防は、生涯を通じた健康な歯を守り育てることに役立っているか?を改訂しました
つくばヘルスケア歯科クリニック外観以前、現在年齢40歳以上で、2011〜2013年に毎年少なくとも1回以上のメンテナンスに応じた患者 1429人について、年齢階層別現在歯数を調べた結果を掲示しました。今回さらに、2013〜2015年に年に1回以上はメンテナンスに応じた患者1838名の集団について追跡調査を行いました
詳しく:【検証項目】成人のメンテナンス効果>
■ページのトップへ■
■2016年 7月12日
 【検証項目】この医院で行ってきた虫歯予防のメンテナンスは効果をあげて来たか?を改訂しました
つくばヘルスケア歯科クリニック外観この医院で行ってきた虫歯予防のメンテナンスは効果をあげています 2016年最新のデータ分析を行いました
2015年の1年間につくばヘルスケア歯科クリニックにメンテナンスで来院した19歳以下の患者1344名を対象としました。
詳しく:【検証項目】虫歯予防のメンテナンスは効果をあげて来たか?>
■ページのトップへ■
■2016年 4月12日
 開業13周年を迎えて院長からのごあいさつを掲載しました
つくばヘルスケア歯科クリニック外観医院開設13周年を迎えて
つくばの地に予防歯科を中心に据えた歯科医療をはじめて13年が経過しました。その間、多くの方に来院いただき、予防歯科の大切さをお伝えできたのはとてもありがたいことです。ここに感謝申し上げます。
当時は、定期健診を受ける、定期的に歯石除去などのメンテナンスを受けるということは十分に定着していたとは言えませんでした。
>>続きはこちら(ごあいさつ・院長略歴)
■ページのトップへ■
■2015年 10月31日
 2015年 10月16・17日開催・第10回 中山セミナーのご報告
第13回 中山セミナー
2008年に始めた中山セミナー、早7年を経過し、今年は、2月12・13日、6月11・12日に次いで、通算13回目を迎えました。
今まで、様々な試みを行い、歯科衛生士のスキルアップを目指してきました。
各自で到達度に差はあっても、確実に進歩していることが実感できます。
ここ数年、中山先生にだけ教えていただいているので、シャープニングの方法も混乱なく統一した考え方で技術アップが出来る点も良かったと思います。

>>くわしく:第13回 中山セミナー(ニュースアーカイブ)
■ページのトップへ■
■2015年10月20日
 2015年版、患者満足度調査を掲載しました

2014患者満足度調査2015年患者満足度調査を9月1日から14日まで行い、総数495名の方にご協力いただきました。その集計結果を掲載いたしました。
つくばヘルスケア歯科クリニックでは定期的に患者さんからのご意見を伺い、より快適で適確な治療と予防を行う歯科医院創りに役立てています。
ご意見について院長からのコメントも掲載しております。是非ご覧ください。
今回も貴重なご意見、ありがとうございました。

詳しく:患者満足度調査>

■ページのトップへ■
■院長コラム Vol.9 2015年 6月26日
 シリーズ 妥協しない最新治療の実践(5)・インプラント・ガイデッドサージェリー
インプラント治療を臨床で取り入れて、早や25年になりました。
予防管理型歯科医院として地域の中でのニーズに十分お答えできる体制を作ってきましたが、昨今は、インプラント治療の選択が増えている感じがします。ご自分の歯を失ったとき、従来なら入れ歯かブリッジで治療するのですが、特に自分の歯を削って犠牲にするブリッジの治療よりも単独で失った歯を補うインプラントを選択する人が増えました。

続きを読む:院長コラム Vol.9:シリーズ 妥協しない最新治療の実践(5)
インプラント・ガイデッドサージェリー>
■ページのトップへ■
■2015年 6月1日
 日本歯周病学会認定医の資格を取得しました
日本歯周病学会認定医の資格を取得しました
※画像をクリックすると拡大されます
5月14日・15日・16日、千葉県幕張メッセで開催された第58回春期日本歯周病学会に院長と歯科衛生士の柴崎、郡司が参加してきました。今回は、14日に認定医の学科試験、翌15日に合格発表があり、無事、認定医資格を取得しました。大学に在籍していれば、ある意味、自動的に取得できるものではありますが、開業医として取得するには若干ハードルがあり、今までは資格云々は気にすることなく臨床に取り組んできました。私は2000年以来より東京医科歯科大学歯学部歯周病科の研修登録医として在籍しているので、教室の勧めもあり、今回手続きをして認定医資格を取得したわけです。
今回は、同時に私の行っている臨床研究の口演も行いました。
唾液による歯周病原細菌の検出を自院で15年来行っていますが、その膨大なデータ分析を医科歯科大学と共同で行っており、今回はその第2報でした。
歯周病は、歯周病菌の感染により生じる病気ですが、検査の費用や手間の問題もあり、今までは詳細な調査を日本人で行ってはいませんでした。私は、虫歯予防のカリエスリスク検査と同時に採取した唾液を用いて、PCR法と呼ばれる遺伝子検査法を用いて、歯周病菌の検出とその数の測定を行っています。検査を受けられた方は、医院で5000名近くにのぼりますが、そのうちの1000名の詳細なデータ分析によって、どれくらいの人がどの菌にどれくらい感染しているのかを調べ、そのことから、どの菌がどれくらいいれば歯周病的なリスクがあるのか科学的根拠を出したいと思っています。現在も臨床の合間に研究を進めています。
Red Complex細菌数と歯周病の罹患率および重症度との関係 第64回 日本口腔衛生学会・総会
また、5月27日には、第64回日本口腔衛生学会ミニシンポジウムに呼ばれまして、私の研究について1時間あまり発表する機会をいただきました。臨床検査として唾液検査が必須となる時代が来るものと期待しています。

ミニシンポジウム5 
"これからの歯科医療・保健における口腔細菌検査の意味を考える"

コーディネーター
 天野敦雄 先生(大阪大学大学院歯学研究科予防歯科学分野)
 伊藤博夫 先生(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部予防歯学分野)
 於保孝彦 先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科予防歯科学分野)
 齋藤俊行 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科社会医療科学講座口腔保健学)
 前野正夫 先生(日本大学歯学部衛生学講座)
 森田 学 先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科予防歯科学分野)
 広瀬公治 先生*(奥羽大学歯学部口腔衛生学講座)
 竹下 玲 先生*(明海大学歯学部社会健康科学講座口腔衛生学分野)
 山下喜久 先生*(九州大学大学院歯学研究院口腔予防医学分野)
(*印は世話人)

「歯周病治療における歯周病細菌検査の位置づけ(開業医の挑戦)」
 演者 千ヶ崎乙文 先生(つくばヘルスケア歯科クリニック)

「根尖病巣細菌叢と病態」
 演者 石原和幸 先生(東京歯科大学微生物学講座教授)
歯周病治療における歯周病原最近検査の位置づけ
■ページのトップへ■
■2015年 4月10日
 開業13年目を迎えて院長からのごあいさつを掲載しました
第20回スタッフミーティング平成15年3月に開業して以来、多くの患者様にご支持いただき、13年目を迎えております。一重に患者の皆様のお陰、長期にわたり勤務してくれているスタッフの賜物と感謝しております。
前回の更新からしばらく経過していますが、その間、平成26年12月11日には、ISO2008の定期審査を受け、認証継続審査に合格しました。
>>続きはこちら(2015年版ごあいさつ)
■ページのトップへ■
■2014年11月18日
 2014年版、患者満足度調査を掲載しました

2014患者満足度調査2014年患者満足度調査を9月16日から27日まで行い、総数614名の方にご協力いただきました。その集計結果を掲載いたしました。
つくばヘルスケア歯科クリニックでは定期的に患者さんからのご意見を伺い、より快適で適確な治療と予防を行う歯科医院創りに役立てています。
ご意見について院長からのコメントも掲載しております。是非ご覧ください。
今回も貴重なご意見、ありがとうございました。

詳しく:患者満足度調査>

■ページのトップへ■
■2014年 11月7日
 ・8月23/24日 第17回日本先進インプラント医療学会
 ・10月19日 第57回日本歯周病学会
 ・10月30日 第141回に本歯科保存学会 に参加してきました
8月23・24日開催 第17回日本先進インプラント医療学会 秋の学会に参加してきました

8月23日、24日には、東京で開催された第17回日本先進インプラント医療学会に、10月19日には、神戸で開催された第57回日本歯周病学会に、10月30日には、山形で開催された第141回に本歯科保存学会に、それぞれ参加し、専門医、認定医のための教育講演を拝聴してきました。
最新の情報に触れることは、日々の臨床の質を高めるためにとても必要なことだと思っています。
10月19日開催 第57回日本歯周病学会 10月30日開催 第141回に本歯科保存学会
■ページのトップへ■
■2014年 10月31日
 2014年 10月16・17日開催・第10回 中山セミナーのご報告
第10回 中山セミナー
今年は、3回目、臨床的な実践トレーニングとして、各歯科衛生士、ドクターが自分の担当患者を中山先生と一緒に診るプログラムです。
日頃、患者さんと1対1のコミュニケーションで治療を行っていますが、中山先生が間に入る事で、今まで、患者さんも術者も気がつかなかった問題を認識できたり、歯周治療がうまく行っていない部位を施術していただいたり、また、それを担当衛生士がその場で指導してもらい実践するなど、実践的なハンズオンコースです。

>>くわしく:第10回 中山セミナー(ニュースアーカイブ)
■ページのトップへ■
■院長コラム Vol.8 2014年 8月22日
 シリーズ 妥協しない最新治療の実践(4)・インプラント治療の適応症の拡大を目指して(骨誘導再生術)


骨造成が必要ないインプラントケース

私のインプラント治療経験は、今年で23年目になりました。当初より、骨がないケースでは無理にインプラント治療をお勧めすることはせず、できるだけ安全に治療ができるケースを選択してきました。予防中心の医院が軌道に乗ってくると、健康な隣在歯を犠牲にするブリッジなどの被せもので歯のないところを補う治療は患者さんも望みません。入れ歯を受け入れられないとすると消去法によりインプラントしか治療方針が残らないケースも多くなりました。

続きを読む:院長コラム Vol.8:シリーズ 妥協しない最新治療の実践(4)
インプラント治療の適応症の拡大を目指して(骨誘導再生術)>
■ページのトップへ■
■2014年 7月22日
 2014年 6月12・13日開催・第9回 中山セミナーのご報告
第9回 中山セミナー
歯科衛生士個人の力量に合わせたハンズオンセミナーを目指して、今年は年3回のマンツーマンセミナーを行っています。2月に次いで、今年2回目のセミナーでは、前回と同様に、患者さんを枠の中でお呼びして、中山先生のご指導のもと、各担当衛生士が治療を行いました。

>>くわしく:第9回 中山セミナー(ニュースアーカイブ)
■ページのトップへ■
■2014年 6月23日
 2014年 5月24日 第57回日本歯周病学会・6月19日 第140回日本保存歯科学会に出席しました
最新の学会に参加してきました。
院長は、第57回日本歯周病学会(5月24日、岐阜県岐阜市長良川国際会議場)及び
第140回日本保存歯科学会(6月19日、滋賀県大津市びわ湖ホール)に出席しました。
最新の情報を得るためと、同じ分野で活躍されている先生方との交流が目的です。
どちらの学会でも印象的だったのは、高齢化社会を迎え、また、虫歯が少なくなってきている現状を踏まえて、歯科医療も質的、構造的な変化を求められるという認識があることでした。
第57回日本歯周病学会(5月24日)
第57回日本歯周病学会(5月24日)
歯周病学会では、レーザーの使用に関してまとまったシンポジウムが開かれていたことが印象的でした。私もエルビウム・ヤグレーザーを臨床で使用しているので、多くのためになる知見を得ることができました。
最後の講演で、御歳82歳になられる現役歯科医によるお話は55年の臨床を振り返る圧倒的なプレゼンで感銘しました。この年齢でも矍鑠として現役で仕事を楽しんでおられるのを見て、自分もまだまだ未熟だと認識を新たにしました。
第140回日本保存歯科学会(6月19日)
第140回日本保存歯科学会(6月19日)
保存学会では、虫歯治療法の最新材料について情報を得てきました。こういった知見は直ちに臨床に反映させようと考えています。
これからの歯科保存学に何を求めるかというシンポジウムでは、日本歯周病学会、日本歯内療法学会、日本歯科補綴学会、日本口腔衛生学会、日本歯科医学教育学会、日本歯科医学学会の各理事長、会長による提言があり、様々な学会が連携して、国民の歯を残すために今なにをすべきか熱心に討論が行われました。これほど多くの学会の長が一同に会することは滅多にないので、それぞれの温度差もわかり、大変面白かったです。
■ページのトップへ■
■2014年 3月14日
 2014年2月24・25日開催・第8回 中山セミナーのご報告
第8回 中山セミナー
昨年11月に引き続き、今年は、集中して中山セミナーを受講することにしました。
実施は、2月24、25日の2日にまたがって行いました。
この4年間、中山先生には、歯科衛生士に歯石除去の基礎技術を叩き込んでいただきました。歯周病を治療、予防するには、歯の表面に沈着した歯石を取ることが絶対必須です。その上で患者さんが自分できちんと清掃して維持できなければなりません。

>>くわしく:第8回 中山セミナー(ニュースアーカイブ)
■ページのトップへ■
■院長コラム Vol.7 2014年 3月7日
 シリーズ 妥協しない最新治療の実践(3)・CT(KAVO 3d eXam)の導く世界

・エンド専門医と同じレベルの歯内療法を保険で実践しています。


【例1】埋伏歯と下顎神経の関係・CTスキャンで得られらた画像

抜歯しているとき上手に抜けてこないとき、この歯の根の先はどうなっているだろうかと想像しながら、考えて手術することはよくあります。
エンドしているとき、改善しな根管がなぜ改善しないのか、根が曲がっているとか、2次元のレントゲンでの情報から臨床的な経験と想像力を巡らせて治療の成功確率を高める努力をしています。
3次元的な簡単に得られるCTの導入によって、今まで見えていないことが見えるようになり、臨床に大きく貢献できると期待してます。

続きを読む:院長コラム Vol.7:シリーズ 妥協しない最新治療の実践(3)
CT(KAVO 3d eXam)の導く世界>
■ページのトップへ■
■2014年 2月27日
 【検証項目】歯周病予防は、生涯を通じた健康な歯を守り育てることに役立っているか?
歯周病予防は、生涯を通じた健康な歯を守り育てることに役立っているか?■つくばヘルスケア歯科クリニックのデータから■
当クリニックでは開院以来、すべての患者のデータをデータベースに入力してきました。
前回に続き、今回は成人のメンテナンス効果について。
歯周病予防が生涯を通じた健康な歯を守り育てることができているかを検証します。

>>くわしくはこちら
■ページのトップへ■
■院長コラム Vol.6 2014年 2月21日
 シリーズ 妥協しない最新治療の実践(2)・マイクロエンド(マイクロスコープを使用した精密エンド)の世界

・エンド専門医と同じレベルの歯内療法を保険で実践しています。


マイクロスコープとラバーダムを活用したエンド治療

歯内療法は、感染源を除去し、根管を無菌的に封鎖する技術です。
エンドした歯は、その後、被せることが多く、被せ物の寿命もエンドの成否で決まることも多いのが現実です。
それほど大切なエンド治療ですから、無菌処置としてのラバーダム(※)は当然として、拡大して見ることがとりわけ役立つ世界です。
特に臨床的な症状は一切ありません。通法に従って、全顎的なレントゲン、口腔写真を撮影し、視診を合わせて診断しました。 マイクロスコープを使用すると、患者さんに即座に根管の状況(肉眼では見つからない根管の存在、亀裂などのトラブル、ファイルの破折など)を診断でき、静止画、動画で撮影して説明することも容易です。

術者と同じ、目線、視野で説明(エンドウェーブ:モリタ)できる点が素晴らしいと思っています。

続きを読む:院長コラム Vol.6:シリーズ 妥協しない最新治療の実践(2)
マイクロエンド(マイクロスコープを使用した精密エンド)の世界>

■ページのトップへ■
■2014年 2月20日
 CALLセミナーを受講してきました

2014年2月16日、院長は、CALLベーシックセミナーに参加してきました。
CALLとは、Clinical Assosiation of Light and Lasarの略、光・レーザー臨床研究会という意味。ここで、近年話題になっている光殺菌治療について勉強してきました。
この治療は、歯根内や歯肉溝に存在する病原性細菌の細胞壁や細胞膜を特異的に浸透する光感受性ジェルによって染色し、そこに特定の波長の光を照射して、細菌を破壊する治療です。
なぜ、破壊されるのか。
それは、トルイジンブルーという染色ジェルが630nm(ナノメートル・1ナノメートルは10億分の1メートル)の波長の光を特異的に吸収し、分解されて、「活性酸素」を発生。それが、細菌の細胞壁や細胞膜を破壊し、殺菌効果を発揮するというのがメカニズムらしいです。しかも、同時に好中球の遊走も促すので、悪玉菌の繁殖抑制を長期に維持できるようです。

この治療法の研究は、ここ10年くらい、欧米で盛んに行われています。科学的根拠も蓄積されてきています。


LAD(Light Activated Disinfection:光殺菌)治療


LAD(Light Activated Disinfection:光殺菌)治療の特徴は
(1)耐性菌を作らない
(2)耐性菌にも効く
(3)痛みがない
(4) 副作用がない

ということで、新しい治療オプションになる可能性を秘めています。
これを受けて、当医院では、PhotoSan630システムを導入し、急性の症状のある部位やメンテナンス中で深いポケットが残っている症例、エンド治療で改善がしにくい症例などで、導入する予定です。

■ページのトップへ■
■2014年 2月12日
 【院長コラム】VOL.5 データが物語る歯科医院の実力 を掲載しました
【院長コラム】VOL.5 データが物語る歯科医院の実力 を掲載しました
今回、同時にアーカイブズに“この医院で行ってきた虫歯予防のメンテナンスは効果をあげて来たか?”について、論文を掲載しました。
詳しくは、そちらをご覧いただくとして、そもそも、データ分析とは、何でしょうか?
病院では、カルテに患者の情報を記録します。昨今は、電子カルテになりつつあり、コンピュータ上で情報を管理するシステムが普及しています。しかし、これは、診療報酬を請求するための記録システムであるため、個々の患者さんの詳細な情報を入力するようにはなっていないのです。たとえば、治療で来院したのかメンテナンスで来院したのかの区別、そのとき、虫歯が何本あったかの記録、歯周病の検査の結果など、診療報酬と直接関係のない情報は、別に管理しなければなりません。

詳しく:院長コラムVol.5 データが物語る歯科医院の実力>
■ページのトップへ■
■2014年 2月12日
 【検証項目】この医院で行ってきた虫歯予防のメンテナンスは効果をあげて来たか?
虫歯予防のメンテナンスは効果をあげてきたか
■つくばヘルスケア歯科クリニックのデータから■
開設して11年が経過しようとしています。
開院以来、すべての患者のデータをデータベースに入力してきました。

10年を経過した段階で、果たして、この医院で行ってきた虫歯予防のメンテナンスは効果をあげて来たのでしょうか。
これまでに集積したデータから検証します。
>>くわしくはこちら
■ページのトップへ■
■2014年 2月 2日
 第18回スタッフミーティングを開催しました(2014年 1月28日開催)
2014年1月28日午後、診療をお休みして、恒例のスタッフミーティングを開催しました。半期に一度のスタッフ全員による発表会です。
今回の理事長の発表テーマは、「次なる10年への布石」と題した基調講演からスタートしました。開設以来11年を経過し、医院全体としてこれからの10年後を見据えたビジョンを持って仕事をしようという内容でした。
受付助手から始まり、歯科衛生士、歯科医師と発表が続き、総勢17名のプレゼンは午後8時まで続きました。
発表の内容は、前半期の課題とその成果の分析、それを踏まえた今期の課題と決意の表明です。現在の自分の仕事を象徴する臨床症例のプレゼンを追加する者もいます。
他のスタッフの発表を通じて、悩みを共有したり、他人の努力に啓発されたり、それぞれのスタッフがいい意味で気持ちを切り替えて、仕事に取り組むきっかけになるようです。
日頃は交流なく仕事している分院の北浦千ヶ崎歯科医院のスタッフも、このミーティングに参加することで、本院のスタッフとのコミュニケーションが取れるばかりでなく、この日ばかりは、多くの刺激を得て、また明日からの仕事の励みとなるようです。
第18回スタッフミーティング spacer 第18回スタッフミーティング
■ページのトップへ■
■2014年 2月12日
 松代小学校で講演しました(2014年 1月23日開催)
松代小学校で講演しました(2014年1月23日開催)
2014年1月23日、松代小学校で開催された学校保健委員会において、児童の歯科の健康について講話を依頼されたので、この機会に、参加された教員、学校医、学校薬剤師、PTA父兄の方々に、講演してきました。

院長が校医を務める松代小学校は、いい歯の学校として、25年度茨城県教育委員会教育長賞を授賞しました。小学校では、虫歯予防に関する取り組みを積極的に行っており、その成果も十分出ているようです。

今回は、低学年と高学年から中学にかけての二つのステージで、虫歯予防において大切なことを説明しました。
お伝えしたことを元にさらに充実した虫歯予防教育をしていただきたいと思います。
■ページのトップへ■
■2014年 2月12日
 ISO更新審査がありました(2013年 12月12日実施)
2013年12月12日、当院が認証されているISO認証の年に一度の更新審査が、J-VACにより行われました。
審査は一日かけて行われ、オープンミーティング、経営者インタビューから始まり、各部署のISO委員会メンバーが審査員と質疑応答します。
この審査を通じて、医院での業務がISOの基準に合致しているか判断されます。
例えば、クレームの件数やクレームにどう対応したのかを記録を元に質問されます。医院の目標として設定している指標が達成されているかもチェックされます。
こうして、一日を終えて、ISOの要求事項を満たしていない項目が発見されると不適合となり、是正処置が言い渡されます。
医院の中で議論したり、改善すればすむことですが、第三者が入ることで客観性の高い評価を得ることができるのです。
こういう機会を持っていることは、通常の医院では真似できません。ただでさえ診療が忙しいのに、常に記録を残して報告する時間外の業務が多いからです。ISO認証を受けていなくても何ら患者サービスに差がないかもしれません。
しかし、私たちは、自分達に敢えてこの厳しいハードルを課すことで、患者満足のために一切の妥協をしない決意の表明と思っています。
■ページのトップへ■
■2014年 1月30日
 【院長コラム】Vol.4 妥協しない最新治療の実践(1) 虫歯診断の新兵器 を掲載しました
ライブ画像によるう蝕診断・虫歯診断の新兵器 DiagnoCam(KaVo社)
レントゲンで虫歯の存在は認識されているものの、無症状で穴も空いていなければ、リスクコントロールしながら経過を見つつ予防プログラムを実践し、虫歯の進行を抑制しようとするのですが、時として、見逃しによって、大きな虫歯として発見され、予防で来院されている患者さんのご期待に答えられない事態も発生することがあります。
見逃しと言っても、多くの場合、微妙な歯質の変化などはあり、注意深く見ることができていれば発見される可能性が高いですが、虫歯の進行度や深さをもう少し客観的に見ることができないかと常々考えていました。

昨年秋にKaVo社より発売されたDiagnoCamは、歯の頚の部分より赤外光を投射し、その透過光をデジタルカメラで撮影する診断器で、虫歯の広がりを陰影として捉えることができます。

詳しく:院長コラムVol.4
「シリーズ 妥協しない最新治療の実践(1)虫歯診断の新兵器」>
■ページのトップへ■
■最新のニュース■2013年■2012年■2011年■2010年■2009年■2008年■2007年■2004年〜2006年
トップページ予防歯科一般歯科特種歯科診療案内ISO・認証資格ニュース・情報サイトマップアーカイブEnglish個人情報保護方針免責事項
つくばヘルスケア歯科クリニック
〒305-0834 つくば市手代木1925-4 >>詳しい地図(Google Map) TEL:029-860-8100
千ヶ崎歯科医院(北浦医院)
〒311-1715 茨城県行方郡北浦町小幡612-1>>詳しい地図(Google Map) TEL:0291-35-1727
個人情報保護方針 免責事項 Copyright (C) 2011 Tsukuba Healthcare Dental Clinic All Rights Reserved. ページトップ